サロンスタッフからメッセージ


自分で“楽しい”を
作っていける仕事です

アランジェ 店長 中谷 成勝

アランジェに入社したきっかけは?

高校生時代からオシャレに関することに興味があり、卒業後、富山県内の美容専門学校に入学しました。在学中にインターンシップ制度でアランジェに体験入店させていただき、その後アルバイトとして働かせていただくこととなりました。就職活動の際には、県外で働く選択肢もありましたが、社長から入社を進めていただいたことや、美容師の仕事が楽しいものだと感じさせていただいたアランジェで働けば県外に出なくても良い美容師になれる!と感じたことが入社のきっかけとなりました。

日々の業務や店舗に対して考えていることは?

アランジェは安売りをする店ではありません。ですので、お客様と生涯を通してお付き合いさせていただける美容師にならなければいけないという思いがあります。そのためには、受け身にならず、お客様のキレイになりたいという思いを上手く感じ取る必要があります。そのために「聞く」ことを大切にしています。ヘアスタイルについて思うことや、ご要望が出た際になぜそう思われたのかを理解する努力をしています。
また、スタッフに仕事を教える際には、行動に対しての意味やなぜそうするのか目的を伝えるようにしています。お店としての考えもありますが、まずは自分で考え、判断し取り組めるように成長してもらいたいからです。

これから入ってくる方へ

お客様に対しては、それぞれ担当がつきますが、一人ひとりで対応するのではなく、みんなでコミュニケーションを取り活動しているのが私達の強みです。そのため、スタッフ同士はとても仲が良く毎日楽しい雰囲気の中で仕事をできます。
慣れるまでは大変なこともあるかと思いますが、それを乗り越えていくことでお客様と接するのがより楽しく感じられるようになると思います。美容師は自分で楽しいを作っていける仕事だと思います。


目標を持って
前進できる店

アランジェ スタイリスト 条谷 茉莉

アランジェに入社したきっかけは?

アランジェには高校生の時からお客として通っていました。高校時代は看護師になることを考えていた時期もありましたが、化粧をすることや髪を触ることが好きだったこともあり、好きなことを仕事にしようと美容師になることを決意しました。富山県内の美容専門学校に入学中には、インターンシップ制度でアランジェに体験入店させていただきました。
今までお客として雰囲気がいいお店だと感じていましたが、体験入店してもその印象は変わらず、専門学校卒業後にアランジェに入社することを決めました。

日々の業務や店舗に対して考えていることは?

アランジェの接客はうわべだけではなく、お客様を第一に考え居心地の良い美容室を目指しています。
そのために私もアシスタントとしての業務に前向きに取り組んでいます。業務内容はカラー、トリートメント、シャンプー、ブロー、アイロン、お茶出しなど多岐に渡りますが、慣れてきたらスムーズに業務をこなせるようになってきました。困った時は話を聞いてくださる先輩方と共に、目標を持って前進できるお店だと思います。今はまだ入社して間もないため、店内のテストを一つずつクリアし、スタイリストになる日を目指して頑張っています。

これから入ってくる方へ

アランジェで働く前まで美容師のイメージは、休みがなく、労働時間が長い印象を持っていましたが、アランジェは週休二日制のため
プライベートの時間もしっかり確保できます。また技術面に関しても、一対一で丁寧に教えて下さるため、心配や不安を抱えることなく成長していけると思います。
他のお店では教えてもらえないことを色々学べる場所なので、普段の行動にも変化が出てきます。安心して入社していただければと思います。

募集要項


勤務地 富山県富山市大町135-16
雇用形態 正社員/パート・アルバイト
職種 スタイリスト/アシスタント
給与入社1年未満 アシスタント 170,000円~
入社2年目 Jr.スタイリスト 203,000円~
入社3年目 スタイリスト 236,000円~
入社4年目 269,000円~
チーフ 320,000円~
店長 400,000円~
パートタイム 時給1,000円~ ※結婚してからも働けます
勤務時間 9時半~18時半の間で1日8時間
休日毎週月曜、第3日曜、第1火曜 ※代休2~3日 ※勤務日数21日
待遇賞与年2回、交通費支給、慶弔見舞金、再雇用、産休、育児休暇、介護休暇、社員割引、健康診断、社会保険完備、皆勤手当、退職金制度、 独立支援制度
教育・研修制度ヒューマンスキルアップ・テクニカルスキルアップ・海外研修など 充実した研修で、日々の業務であなたの成長をサポートします!
応募お電話でご連絡の上、履歴書持参でお越しください
見学応募美容専門学生さんの見学を受け付けています。お問合せ・お申込みはお電話下さい。
お問合せ・応募有限会社ヴィルアップ 担当:中谷 電話076-493-3734

当社の採用選考にエントリーをご希望の方は
下記ボタンから採用エントリーフォームに必要事項をご入力の上、送信してください。
サロン見学もエントリーフォームからお申込み可能です。
お気軽にお申込みください。

採用エントリーフォーム

会社概要


社名有限会社ヴィルアップ
代表者代表取締役  村上 雅信
創業1993年3月
所在地有限会社ヴィルアップ
〒939-8073 富山市大町135-16
TEL 076-493-3734
事業内容美容一般
メンバー制度(定額制)
コース制度(回数制)
美容師
美髪師
育毛師

代表プロフィール


創業までの想い
・これからの念い

ジィジィヘアー 村上雅信


業界入りのきっかけ

1985年高校3年生の夏、通っていた理容店に就職を決めた。
高校は工業高の建築科だったが、建築家になろうとは思ってはいなかった。髪のスタイリングに興味があり、自分の髪型にこだわりがあった(ツンツン立たせていた)ので理容師になろうと思った。自分が通っていた理容店に夏休みからバイトし、そのまま就職へ。秋には石川理美容専門学校の通信課に入学。いつかは独立し、自分の店を持ちたいという夢を描いていた。
高校を卒業してからは、朝8時からの営業に間に合うように出勤し、夜9時まで働いた。昼と夜の食事付き。初任給は食費、入学金立替分が引かれて手取り5万円ほどであった。当時はお金もなかったし、何よりヘアースタイルをつくることが面白くて毎日練習した。夜11時からがお店のマスターに練習を見てもらえる時間だった。人柄は優しいが技術に対してはとても厳しいマスターだった。4年間勤めていたが技術を褒めてもらえた記憶はほとんど無い。マスターを尊敬していたが、カットは美容の技法を学んだ。もちろん理容の刈り上げや指間刈りも学んだが、理容のカットは、まるで雑草を刈るごとく、伸びた髪を切るという考えで、いらないものをカットするような感じである。対して美容のカットは髪を残して形づけるという考えで、髪を大切にして残すようなカットだった。カットの練習はウイッグを使ったが、少しづつカットの練習をした。1つのウイッグで5パターンくらいのスタイルを切って最後は刈り上げにして丸坊主。4年間でウィッグ50個くらい、300パターンのスタイルをカットした。
毎日の練習は夜11時半まで、定休日の月曜も毎週練習した。月100時間くらいは練習していた。ケミカルも徹底的に学び、自宅の部屋は薬液の研究室のようだった。いろんな薬剤を組み合わせて、混ぜたりして、放置時間と髪質の変化等のいろんな実験をした。大阪の美容通信課にも在籍し、美容科スクーリングのとき、萩原宗カッティングスクールに通った。
徹底的にカットの練習をした。1日3時間、休みの日には6時間ほどカットの練習をして、1ミリにこだわっていた。お金は無かったが、情熱はあった。
そして理容の技術より美容の技術に興味を持ち始め、美容師になろうと思い、マスターに相談した。そのときのマスターの背中がとても寂しそうだったのを今でも覚えている。

美容室へ転職

結局、お世話になった理容店を辞め、美容室に移った。そこでカルチャーショックを受けた。理容は美容に比べると10年遅れていると思った。技術指導のマニュアルや育成計画のカリキュラムなど、びっしりと完備され、理容のような何となくという感覚の世界ではなく、理論に裏づけされた説明が存在した。理論があるということが、中途採用の自分にはとてもありがたかった。いつか自分でお店を持ったときの技術指導に役立つと思い、必死でマニュアル、カリキュラムを吸収した。
自分流に全部手書きでオリジナルのマニュアル、カリキュラムを作った。将来は技術集団のスーパープロ軍団をつくる!と宣言し、美容界でも特別な技術を持つ軍団をつくりたいと思った。カット技術にはそこそこ自信があったが、美容師のパーマ巻き技術の高さにびっくりした。自分はパーマ全頭をロット80本を20分ほどで巻くが、同じくらいのキャリアの美容師は16分で巻いていた。ぜんぜん敵わなかったし、美容師のパーマ巻きの練習量の多さに驚いた。自分の3倍はやっているなと感じた。だから必死に追いつこうとした。ブローの技術の違いにも驚いた。理容とはブラシの使い方が全く違った。
理容ではロングの髪を扱うことが少なかったので、ロングには本当に苦労した。カットは誰よりも上手かっだと思う。美容師はパーマ巻きの練習ばかりで、カットの練習はあまりしないのだ。独立を恐れて、お店側がカットを教えようとしないからだった。経営者の都合しか考えない美容室が多かったのだ。お店にとって、スタッフは人手として必要なだけで、モノとして扱われ、人を使い捨てるというお店も当時は結構あった。しかし、実践でカットをしないと上手にはならない。給料は安くてもいいからとにかくカットをさせてほしいと頼んだ。
そしてカットの許可がでて、お客様の髪を切りまくった。ハサミの開閉や動歯、静歯、コームの当て方、カットは基礎を徹底的に練習した。スタイルをあまり知らなかったので、たくさんスタイルの研究をした。
アップの練習もよくした。毎日毎日技術の練習ばかりだった。毎日夜8時から12時頃まで練習していた。
美容師になって1年で50個くらいのウィッグを使い、明けても暮れても練習、お正月もお盆もない!練習三昧だった。会社のレッスンルームは好きなだけ使わせてもらって、朝まで練習したことも何度もある。誰よりも上手くなりたかった。今考えるとあの環境には感謝しかない。そしてアシスタントからスタイリストにようやくなることができた。

スタイリストデビュー

本当におかげさまで、今の自分の美容師としての土台となる技術を身に付けることができたと思う。当時一緒に切磋琢磨していたのは今も現役でいる妻だった。支持してくれていたお客様、全ての人に感謝したい。23歳の頃、月担当客数(カット担当)100人で主担当売上60~70万円、店販売上は20~30万円だった。
給料は当時11万円。ウイッグ代に月1万円使った。1年半ほど勤めてお店を変えた。美容技術の追求、技術の幅を増やして収入を増やしたいと思ったからだ。
給料は24万円になった。そこでようやくスタイリストとして認められたのだと実感した。
そしてその年に結婚した。
アシスタントのままでは給料は安い。技術を習っている分は学費を支払っているようなものだ。
単にカットだけしているスタイリストも稼ぐことができない。真に技術者として、スタイリストとして認められないと仕事もおもしろくないし、いい給料ももらえないので家族を養っていけないのだ。仕事のやり方も流れ作業のようにやるのではなく、しっかりと1人1人と向き合い、お客様のこだわりをわかってあげれるようなスタイリストになりたいと思った。
この頃の練習は量ではなく。質を追い求めた。
プライベートでも高級なものに触れた。時代はバブル下降だったが、当時高級ブランドは強かった。本物は廃れないのだと思った。自分も本物になろう!第一人者となり、自分自身がブランドになろうと思った。数を追うより質を追う方がいいと思った。
当時カット代は4千円だったが、サスーンはカット代200万円だった。自分の価値はどうだろうと思い、何となくお客様に聞いてみた。ところが「カット1万円だったら来ない」と言われた。価格以上の価値を提供することが必要だと気づいた。質とは正にその価値のことである。
質を高める=価値を高める。完成度の高い仕事が質だと考えた。だから細かいディテールまでこだわった。その質(価値)こそ、お客様との信頼の素となるものだと思った。

サロンオープン

25歳、平成5年2月26日、ジィジィヘアーが誕生した。
オープンしてすぐの3月の総売上は30万円くらいだった。また借金が増える。完成度の高い仕事どころではない。とにかくお客様を呼ばなくてはならない。しかし、どうやってお客様を集めればいいのかわからなかった。やはり目の前のお客様の満足をつくるしかない。つまり、急がば回れ、やはり完成度の高い仕事を常に心がけることだ。少しづつでもお客様と信頼関係を築いていくしかない。とにかく我武者羅だった。
ようやく6月に100万円になった。これならなんとかやっていける。12月は190万円、手元に90万円現金が残った。平成6年に現マネージャーがバイトで入った。その頃は売上も順調でずっと右肩上がりだった。完成度の高い仕事という共通点があるスタッフのみんなが入ってきてくれた。平成7年は月売上300万円を超えた。TVにも出演。県内ではちょっと有名な美容師。そしてヴィダルサスーンのプロダクツインストラクターとなり、カットの講師となった。しかしサスーンの技術一辺倒に疑問を感じ、インストラクターを辞退した。お客様の喜びを一番に考えようと思ったからだ。
平成8年には2店舗目を出店し、勢いに乗っていた。300人規模のヘアーショーも開催した。自分の念いに賛同してくれ、協力してくれたスタッフに感謝!
この頃から自分は技術者・スタイリストとしてだけ美容師を続けるのではなく、経営者として美容師を育てようと決意する。
美容師のスタイリストとしての基準は主担当客数が月100人。個人の主担当売上よりチーム売上が大事。ユニット売上でも良い。アシスタント含め1人当りの売上が100万円美容師を育てていきたい。そうすることで美容師の地位向上につながり、美容業界が豊かになると思った。それがこの仕事に求めていた答えのような気がする。質を高め、価値を高め、完成度の高い仕事とは、結果をつくれる美容師のことだ。

これからを生きる若い世代に伝えたい、創業の念(おも)い

経営者として美容業界を変えたいと言う前に、何のために会社が存在し、何のために仕事しているのか、誰のために仕事をしているのか、何を目指し、どんな会社にしたいのか、どんな人財になってもらいたいのかを明確に打ち出すことが最も大事なことなのだと気づいてきた。
正しいこと、ものごとの原理原則から外れることなく、努力を積み重ねること。
いつも挑戦する気持ちを忘れずに持ち続けていたい。
自分自身の美容師の原点は「上手くなりたい!」という思いであり、お客様から支持していただくことが今も尚、現役で続いている要因である。去年より今年、今年より来年「上手くなりたい!」そして支持されたい。それが永年目指し続けた「スーパープロ軍団」である。
我が社の原点である創業の精神は「情熱」「感謝」「信頼」だ。「情熱」「感謝」「信頼」は自分が得てきた経験そのものである。
これからもいつも原点に戻って、美容師としての人生を悔いのないものにしていきます。

Top